カテゴリー別アーカイブ: 中華

伝承の味!大垣のソウルフード「麺味(めんうぇい)」

NTT西日本 大垣支店長 深貝 博司

 

ソフトピアジャパンセンターの近くにある「麺味」をご紹介します。

 

このお店は、大垣の地で60年続いた中華料理の老舗「満留美(まるみ)」がルーツになっており、その味が今も変わらず引き継がれています。

その中でも、老若男女問わず皆に愛されているのが「五目そば」と「肉餃子」。

お店ではかなりの割合で、皆さんこの2品を食べているように感じます。

 

今回は3品ご紹介しますが…

まずは「五目そば」(730円)

具は、海老・イカ・豚肉・ゆでたまご・筍・キャベツ・インゲン・キクラゲ・ハムの9種類。

以前は、インゲンは絹さやだったような気がしますが、季節によって変えているのでしょうか?

野菜の歯ごたえはしっかり残っていて、キクラゲも大きなプリプリとしたものがゴロゴロ入っています。

スープは塩味のあっさり系ですが、鶏がらとトンコツをしっかりと感じることができます。

麺と具のバランスがとても良く、ボリューム満点ですが、最後まで一心不乱に食べてしまう逸品です。

 

次に「肉餃子」(380円)

大ぶりの餃子が一皿に5つ。皮も餡もプリッとした食感で、肉汁たっぷりの餃子です。

昨今では、羽根つきパリパリがブームになっていますが、このタイプの餃子もやっぱり捨て難い…と改めて思わされる一品です。

この店では、餃子にすりおろした生姜が添えてあるのが特徴で、柚子こしょうやラー油で食べるのとはひと味違って餃子そのものの味をしっかり楽しむことができます。

 

最後に「炒飯」(730円)

とてもボリュームがあります。他店では間違いなく大盛りでしょう(笑)

具はオーソドックスですが、ネギではなくタマネギが使われているのが特徴で、タマネギの甘みとシャキシャキした感じがアクセントとなっています。

ご飯も程よくパラッと仕上がっていて、ついつい夢中で食べてしまうとても美味しい炒飯です。

実は、炒飯と一緒に出てくる卵とじのスープもとても美味で、私は炒飯を食べるのを忘れて先にスープをいただいてしまうこともあります(苦笑)。付属物だと思って侮るなかれ…です。

 

他にもいろいろメニューがありますが、是非一度お試しあれ。

今も昔も変わらない、大垣の人達のソウルフードです。

 

「麺味」

岐阜県大垣市今宿4-32-1

TEL:0584-75-4453

アクセス:名阪近鉄バスソフトピア線 三塚町・総合体育館・ソフトピアジャパン各停留所より徒歩約5分

営業時間:11:00~オーダーストップ23:30

URL:http://men-way.com

定休日:元旦

中国料理 萬里

フジヤ広告株式会社 代表取締役 橋川寛治

大垣フォーラムホテルのレストラン 中国料理の萬里でランチを食べてきました。

gaikan

岐阜県大垣市万石2-31

TEL 0584-74-3981

営業時間 ランチタイム11:30~14:00 ディナータイム17:30~21:00

 

店内は約60席。他にも高級感のある落ち着いた雰囲気の個室が大・小あわせて6部屋あります。

naikan

kositsu

 

ランチは、麺定食、飯定食、特選定食(日替りランチ)などがあり、麺定食、飯定食が1,380円、特選定食が1,080円です。

麺定食、飯定食は、それぞれメニューが何種類もあって、とても充実しているので、どれにしようか迷ってしまいますが、私の一押しメニューは、麺定食の「焼きビーフン定食」です。

ちなみに、麺定食は、「焼きビーフン」、「五目入りスープ麺」、「焼豚入りスープ麺」、「黒酢入りピリ辛焼きそば」、「五目入り焼きそば」、「五目入り揚げそば」などの中から麺類1種類を選び、他に今日の一品、スープ、白飯、搾菜がつきます。さらにコーヒーまたはデザートがつきます。

 

では、今回いただいた料理を紹介します。

メイン料理の「焼きビーフン」は、麺が米粉から作られていて、野菜も多めでとってもヘルシーです。

bi-fun

 

今日の一品料理は、海老チリでした。

ほどよい辛さが絶品です。

ebichiri

 

玉子スープもついています。

とろりとした感じがとっても美味です。

tamasu

 

最後に、デザートかコーヒーがつくのですが、私はデザートで。

杏仁豆腐です。

annin

今回は、ランチを紹介しましたが、ディナーのコース料理も3,800円コース、5,800円コース、7,800円コース、12,000円コースなどがありますので、予算に応じてお願いすることができます。もちろん、単品メニューも豊富です。

本場中国の料理が味わえる「萬里」は本当におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華食房  チャングイ

株式会社 広瀬商会 代表取締役 広瀬 文雄

 

15年前は靴屋さん。今は中華料理屋さんに大転身!

中華食房 チャングイ

 

大垣市東外側町2丁目12番地

電話番号 0584-78-4950

アクセス 大垣駅南口から徒歩3分  新大橋北

営業時間 11:30~14:00(オーダーストップ13:50)

17:30~22:30(日、祝オーダーストップ22:00)

定休日  水曜日

予算   ランチ定食680円~

IMG_2625-2

新大橋手前にある真っ赤な看板を目印にして下さい。

 

IMG_2626-2

IMG_2627-2

店内はとても明るく、カウンター、テーブル、くつろぎテーブルと人数に応じて利用可能となっています。こじんまりした広さですから、とてもアットホームな雰囲気です。

 

それでは、いくつかのメニューを紹介致します。

大将は垂井の中華楼にてとても厳しい10数年の修行をされて独立されましたので、全て味は折り紙つきです。

IMG_2628-2

スープ餃子     450円

私はこのスープ餃子を一押し致します。

ほどよいピリ辛で、絶品中の絶品です。

 

IMG_0450-2

べトコンラーメン 800円

野菜たっぷりで、とてもヘルシーなラーメンです。

ニンニクたっぷり、スタミナがつきます。

はっきり言って、これも美味しいです。

 

IMG_0448-2

タンタンメン     800円

このスープは、ほんのり漢方風味の独特のスープです。

がきめしグランプリエントリー商品です。

癖になる辛さです。

辛さの調整はしてくれます。

 

FullSizeRender-2

ねぎチャーシュー麺 800円

ねぎ好き、チャーシュー好きの人におすすめです。

チャーシューガッツリの方は、チャーシュー麺を

おすすめしますが、ちょっと重いと思われる方、

バッチリです。

 

他にも、“台湾まぜそば”、“ナッツと鶏肉の炒め”も絶品です。

IMG_1183-2

IMG_2635-2

お食事の方に限り、大垣市営東外側駐車場のサービス券がもらえるのでお車の方も安心です。

ぜひ、チャングイの美味しい中華をご賞味ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「安い!早い!美味い!」で地域に愛される「朝日屋」

西濃運輸株式会社
代表取締役 田口義隆

「朝日屋」
大垣市東長町40
0584-78-4054
予算470~820円(単品)

IMG_店構え

DSC_店入口

国道258号線の藤江町交差点を西へ入って徒歩2分。
静かな住宅街に建つお店は、外も中も故郷の懐かしさが感じられる。

DSC_壁のメニュー

常時35種類以上のメニューを揃え、
量が少ないわけではないのに女性までもが1食で2品完食するという。

IMG_中華そば

おススメは何といっても中華そば。
「なぜ持てるのか」と思うほどアツアツの器に盛られた中華そばは
朝日屋の名物メニュー。
大人から子供までファンが多い。

DSC_うどんきし
「うどんきし」

DSC_かつどんぶり
「かつどんぶり」

DSC_カレー中華
「カレー中華」

DSC_肉どんぶり
「肉どんぶり」

DSC_カレー・酢なし・大盛り
「カレー中華」・「酢なし中華」・「中華そば大盛り」

昼時・夕時はすぐに満席になるものの
注文から提供までが早いこと、そして常連さんの気配りで待ち時間は短い。
ご年配の方には出前も受け付けている。

IMG_お店の方
すばらしいチームワーク!

IMG_出前
出前OKなのも永く愛されるポイント

IMG_ごちそうさまでした!
ごちそうさまでした!

ひさごのおすすめ

安田電機暖房(株) 会長 安田隆夫

大垣にお店は数々あれど知る人ぞ知る超人気店「ひさご」
岐阜県大垣市郭町東1-59    TEL0584-74-3087
ご予算は飲んで食べて一人あたり2000-3000円程度
写真1

一人で食事もよしですがここは4,5人以上で行くのがおすすめ
同級生の会合にはもってこい
基本は中華ですから色々頼んで分け合って食べるのが理想です
まずは乾杯
写真2

最初はひさご名物ギョーザ、野菜たっぷりのギョーザでビールが美味い
写真3

次にはギョーザとセットでカニ玉を召し上がれ
写真4

ここからがひさごの真髄
中華だけではないのです
刺身もあればヒレカツもある
ドーンとヒレカツを食べればお腹は一杯
写真5

締めのおすすめは塩焼きそばとチャーハン
写真6
写真7

大満足で二次会に繰り出せば今日も幸せ一杯です
最後に美人おかみが笑顔で送り出していただけます
写真8