伝承の味!大垣のソウルフード「麺味(めんうぇい)」

NTT西日本 大垣支店長 深貝 博司

 

ソフトピアジャパンセンターの近くにある「麺味」をご紹介します。

 

このお店は、大垣の地で60年続いた中華料理の老舗「満留美(まるみ)」がルーツになっており、その味が今も変わらず引き継がれています。

その中でも、老若男女問わず皆に愛されているのが「五目そば」と「肉餃子」。

お店ではかなりの割合で、皆さんこの2品を食べているように感じます。

 

今回は3品ご紹介しますが…

まずは「五目そば」(730円)

具は、海老・イカ・豚肉・ゆでたまご・筍・キャベツ・インゲン・キクラゲ・ハムの9種類。

以前は、インゲンは絹さやだったような気がしますが、季節によって変えているのでしょうか?

野菜の歯ごたえはしっかり残っていて、キクラゲも大きなプリプリとしたものがゴロゴロ入っています。

スープは塩味のあっさり系ですが、鶏がらとトンコツをしっかりと感じることができます。

麺と具のバランスがとても良く、ボリューム満点ですが、最後まで一心不乱に食べてしまう逸品です。

 

次に「肉餃子」(380円)

大ぶりの餃子が一皿に5つ。皮も餡もプリッとした食感で、肉汁たっぷりの餃子です。

昨今では、羽根つきパリパリがブームになっていますが、このタイプの餃子もやっぱり捨て難い…と改めて思わされる一品です。

この店では、餃子にすりおろした生姜が添えてあるのが特徴で、柚子こしょうやラー油で食べるのとはひと味違って餃子そのものの味をしっかり楽しむことができます。

 

最後に「炒飯」(730円)

とてもボリュームがあります。他店では間違いなく大盛りでしょう(笑)

具はオーソドックスですが、ネギではなくタマネギが使われているのが特徴で、タマネギの甘みとシャキシャキした感じがアクセントとなっています。

ご飯も程よくパラッと仕上がっていて、ついつい夢中で食べてしまうとても美味しい炒飯です。

実は、炒飯と一緒に出てくる卵とじのスープもとても美味で、私は炒飯を食べるのを忘れて先にスープをいただいてしまうこともあります(苦笑)。付属物だと思って侮るなかれ…です。

 

他にもいろいろメニューがありますが、是非一度お試しあれ。

今も昔も変わらない、大垣の人達のソウルフードです。

 

「麺味」

岐阜県大垣市今宿4-32-1

TEL:0584-75-4453

アクセス:名阪近鉄バスソフトピア線 三塚町・総合体育館・ソフトピアジャパン各停留所より徒歩約5分

営業時間:11:00~オーダーストップ23:30

URL:http://men-way.com

定休日:元旦

あなたの好みを叶えてくれる「喫茶ロータス」

中日本カプセル株式会社 代表取締役社長 山中利恭

大垣市南若森町にある喫茶ロータスを紹介します。

県道31号線(旧21号線)の船町の交差点から1本西側の道に入り、南に下ると大垣工業高校の手前にあるお店。

お店の裏側に広い駐車場もあります。

車いすの方でもそのまま入られるように、店内の共有スペースも広く、席もたくさんあります。店内に喫煙席があり、分煙となっています。

【店内で出迎えてくれる生け花と色鮮やかな古布で作られたたくさんの雑貨(購入可)】

外観

 

 

 

 

 

 

生け花


 

 

 

 

 

 

 

クッキー

 

 

 

 

手作りの雑貨

 

 

 

手作りの雑貨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はランチメニューを紹介します。なんといってもおすすめは、ワンコインで食べられる日替わりランチです!

【日替わりランチ】500

取材した日のメニューは「キチンカツ」

 

 

 

 

 

 

細かいパン粉が付いたサクサクの衣、手作りのタルタルソースが良く合います。サラダのキャベツもみずみずしく、シャキシャキしていてサッパリします。

その他、ロータスランチの若鶏のからあげとしょうが焼きを注文しました。

国産豚のしょうが焼き

 

 

 

 

若鶏のからあげ(中華ソース)

 

 

 

 

 

 

 

 

しょうが焼きにはもやしが入っていて、シャキッとした食感で野菜もたくさん摂れるランチです。からあげは中華ソースを選びました。からあげも、これまたサクサク・あつあつジューシーでした。ここのランチはお好みでソースが選べるのが特徴!

【ロータスランチ】600

・三元豚一口ロースヒレカツ(みそ・ソース・おろしポン酢)

・若鶏のからあげ(特製中華ソース・おろしポン酢)

・国産豚のしょうが焼き

・ハンバーグ(デミグラスソース・おろしポン酢)

・ビーフカレー

ソースが選べるだけでなく、追加料金を払えば、メニューの大盛り、ご飯の大盛り、カレーのルーも大盛り、オムカレーに変更など、その日の気分や好みに合わせられますよ!

【レディースプレートランチ】850

1日20食限定のレディースランチも用意されています。

ふわとろオムライス

 

 

 

 

 

レディースプレートランチメニュー


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小鉢(ポテトサラダ)・サラダ・スープ・ミニデザート(ゼリー)・ドリンク付き。この日はオムライスを注文したのですが、他のメニューはワンプレートになっていて女子向けでした。

さらにここのおすすめはランチだけではありません。2階にある大きい部屋です!

1つは円卓がある座敷、もう1つは靴を脱いで上がるじゅうたん敷きのテーブル席です。個室になっていて、にぎやかなお子様連れのグループや大人数でのお食事の際には大活躍間違いなし!お子様連れのクリスマスパーティーなどは周りを気にせず過ごせますね。

ちなみに小グループや大人数でも、1人につきメニュー1つを注文すれば、使用OKです。そしてこの2部屋、内側にもう1つ扉があってコネクティングルームとしても使えるんです。お気軽に電話で空きを確認して予約出来ます。

20人ほどが入られる座敷(予約制10~17時まで)

 

 

 

 

 

テーブル席(予約制10~17時まで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもモーニングや軽食、いろんなセットやメニューがあって、その時の自分の気分に合わせて注文できます。モーニングも、小倉・いちごジャム・バター・きなこ・チョコレートから選べます。ぜひ一度、行ってみてほしい喫茶店です。

モーニング

 

 

 

 

 

ケーキセットメニュー・アフタヌーンメニュー


 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッズメニュー・サンドウィッチメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喫茶ロータス

〒503-0976 岐阜県大垣市南若森町587-1

TEL:0584-47-9672

営業時間:8時~17時

モーニング:8時~11時

ランチ:11時30分~14時

 

藁焼き炉端 がぶや 大垣駅前店

株式会社 松栄楽器 代表取締役 大塚典和

 

大垣市民病院南にある「がぶや」の2号店です。

大垣駅前店は、藁焼きの料理が名物の居酒屋です。

大垣駅南口から歩いて数分のところにあります。

 

本日は、名物の藁焼き料理をメインにいただきました。

奥美濃古地鶏のわら焼き 1,190円

地鶏のほどよい弾力と、藁焼きの香ばしさがマッチしておいしかったです。

 

カマンベールチーズのわら焼き(1ホール)1,380円

ハチミツを付けて食べます。お酒に合う!

からし明太子のわら焼き 690円

ちょうど良い辛さで、とても食べやすかったです。

特別純米酒 生酒 「酔鯨」 640円

非常に飲みやすくおいしかったです。

 

藁焼きの料理以外にも、刺身、肉料理、デザートまで、種類が豊富でした。

次回来店時には、別の料理も食べてみたいです。

 

岐阜県大垣市高屋町3-1

TEL 0584-47-9992

営業時間 17:00~24:00

定休日 未定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスパ抜群!「すし半」 ランチ編

コーテック株式会社  取締役 社長 朝田 貴久美

 

2015年8月にも登場した、すし半。

2年ぶりにランチ編で再登場!

大垣駅から南に徒歩3分程度、大垣駅通りに面したお店。

プレミアムランチ1,000円を注文。取材の日は土用丑の日だったので鰻を追加で特別注文しました。大将と板長さんにお願いしておけば、臨機応変に注文できますよ!

【プレミアムランチ】

8種類の寿司ネタ、天ぷら、茶碗蒸し、アイスまたはコーヒー

茶碗蒸しは澄んだ出汁具合が良く、つるんと喉を通ります。

みつば、えのき、かしわ、かまぼこ入りでした。

天ぷらは揚げたてのアツアツで、衣はカラッとサクサクの食感。

春は旬の山菜やタケノコ、秋は松茸の天ぷらが出るそうです。

テーブルの上にいっぱいで置く場所がないほど!

ランチについてくるコーヒーかアイス。

この日は抹茶アイスで〆ました。

お店のホームページもないけれど、大将・板長さんのお人柄と口コミで「おいしい」という話が広がったのでしょう。この日もお客さんがひっきりなしに訪れていました。

みなさんも、ぜひ一度♪

 

岐阜県大垣市高屋町1-53

TEL 0584-78-4915

営業時間 11:00~23:00

定休日 月曜日

土日もランチやってます。

完全予約のイタリアンコース 郷亭:ディナー編

アイビー電子工業株式会社 代表取締役社長 上松伸光

 

今年の3月にも登場した「郷亭」

今回は完全予約のイタリアンコース、ディナー編のレポートをします。

旬の食材を使ったメニュー、何が出てくるのかワクワクしながら待ちましょう。

 

 

【平貝の炙りと枝豆のパンナコッタ キャビア添え】

野菜と貝の上に乗った枝豆のパンナコッタがとってもクリーミー。

さらにはキャビアまで入っていて、パンナコッタとキャビアのプチプチ感がマッチ。

バルサミコソースの酸っぱいドレッシングで爽やかな前菜。

 

 

【北寄貝と新玉葱のポタージュスープ 生雲丹のカプチーノ】

これも上には生うにが乗っている。

ホッキ貝のコリコリした歯ごたえが良く、生うにのホワホワの舌触りがとろりとした新玉ねぎのほんのり甘いスープとよく合う。

 

 

【パン】

よく見るとお皿に「郷」のスタンプが!

オリーブオイルをつけて温かいうちに。。。

 

 

【白エビとカラスミのパスタ】

日本酒に合う珍味のカラスミをパスタに使う斬新な発想とセンスの良さに感心しました。

香草の香りもよく、うどんのようにズズズーッと食べてしまう美味しさ。

 

 

【飛騨牛ランプ〔A5〕の炭火焼】

ソースがかかっているけど、塩と胡椒を頼みました。

おいしい。生肉が苦手な僕でも食べられる。

少し大きめの一切れを一口で食べてみましたが、すぐに飲み込める柔らかさでした。

 

このあとにデザートの【アーモンドとヘーゼルナッツのセミフレッド(アイスケーキ)】がありましたが、写真を撮り忘れてしまいました。

 

この日はサックス演奏のライブがあり、会場が生演奏に聴き入ってしまいました。

料理だけでなく、食す空間・雰囲気も楽しめる郷亭は、とてもおすすめです。

 

 

[郷亭の基本情報]

所在地      不破郡垂井町宮代3028番地の6

電話番号   0584-71-7744

ランチ     11:30-15:00(14:00LO)

ディナー     17:30-21:30(19:30LO)

定休日     水曜

新装開店「ひさご」

                      安田電機暖房株式会社 安田隆夫

このサイトで最初に紹介した「ひさご」が3月に新装オープン

噂によれば予約客が引きも切らず3月は予約を取るのも困難

そろそろと思い探訪してみました

外観は前と違って高級な和食か寿司店のような趣

内部も明るく綺麗になりました

早速乾杯

まずは定番の餃子

前より小ぶりになりましたがその分皮がパリッと焼けて美味い

酒のツマミにとり天

大分県名物ですが岐阜で鶏の天麩羅は珍しい

いよいよメイン料理、麻婆豆腐にカツの玉子とじ、ロースとヒレを両方

今年最後の牡蠣フライも食べちゃいます

揚げ物食べ過ぎだと思います

最後の締めは知る人ぞ知るカレーきしめん

腰の強い麺が魅力です

何時行っても満足感100%の有難いお店です

ひさご

岐阜県大垣市郭町東1-59    TEL0584-74-3087

定休日 日曜日

兎夢

株式会社ひらばやし 代表取締役 平林 淳

住所
〒503-2204
大垣市池尻町878-8
℡&FAX
0584-71-0887
定休日
月曜日(祝日のある週は、営業)
駐車場  20台
営業時間
AM11:30~PM2:30(LO.PM2:00)
PM5:30~PM10:00(LO.PM9:00)

21号線笠木の交差点を北進、田んぼに囲まれ、落ち着いた風情のあるお店です。兎(うさぎ)の夢と書いて『兎夢』。旬を活かした和食とデザートバイキングが楽しめるお店です。

ランチは2,000円から。店名を冠した兎夢二段弁当は2,200円。炊き込みご飯、天ぷらは、菜の花やふきのとうなどが使われ、まさに「春」を楽しめます。
出し巻き卵の中には梅しそ、さっぱりとしてご飯がすすみます。吸い物は、桜エビとよもぎのしんじょう。歓送迎会で疲れた胃にも優しいお味です。 いじん蒸し(桜色にしたもち米をお酒で蒸し、そのもち米を丸めた中に白身魚が入っている)もまた、春らしい一品です。

他には、豆腐田楽ランチ2,000円。独り暮らしの学生時代に必須タンパク源だった豆腐は、個人的には切っても切れない大好物。
田楽は、以前会社の近所に「とりかね」という、田楽、菜めしのお店があり、亡き父がよくお土産に買ってきてくれた記憶があり、何故か食べたくなるソウルフードです。

そして、種類豊富なデザートはバイキングスタイル。
わらびもち、抹茶プリン、イチゴのババロアなど10品以上。ミニサイズなので、全品かるーく制覇できます。仕事でお邪魔する時は全部食する事ができないのが残念ですが、プライベートで伺う時は一通りいただいています(笑)。元祖スイーツ男子?なので。

オンでもオフでも、オススメのお店です。

 

 

 

歴史的価値と趣ある和の空間でイタリアン

株式会社ジー・シー 代表取締役社長 北川 資雄

「郷 亭」

 

大垣市から国道21号線を西に進んで垂井町に入ると南側にあります。

PHOTO:SERYO STUDIO 山田誠良 DESIGN:岩本 勝也+EMBODY DESIGN

 

暖簾をくぐって玄関に入ると、奥までまっすぐ続いた廊下の長さで家の大きさがわかります。もともと迎賓館として作られた立派な民家です。

PHOTO:SERYO STUDIO 山田誠良  DESIGN:岩本 勝也+EMBODY DESIGN

 

玄関を上がって左手には庭園を眺めることができる大きなお部屋。

PHOTO:SERYO STUDIO 山田誠良 DESIGN:岩本 勝也+EMBODY DESIGN

 

今回のお部屋はこちら。
農林水産大臣もこのお部屋で会食されたそうです。

 

壁にある茶箪笥は屋久島の「屋久杉」で造られたもので、世界遺産に登録された現在では手に入れることができない貴重なものです。
扉や天井は奈良県の「春日杉」で造られていて、大正時代に東宮御所が建築された際の余った木材を使用し造られたそうです。

 

【牛まぶし 3,200円】

①まずはそのまま。②次に薬味を乗せて。③最後に出汁を入れて。
3段階で味わっていただきました。
牛肉は飛騨牛か近江牛のA5ランクです。
赤い牛肉に緑色のクレソンが映えて、見た目も美しい。
この日の牛肉は近江牛で、脂が甘くて美味しかったです。
茶碗蒸しはとろけるような食感にまったりとした餡が絡んで絶妙。

 

【天ぷら盛り蕎麦 1,890円】

近頃は白っぽいお蕎麦のお店が増えてきましたが、郷亭では黒い殻のついたままのそば粉を使用し、あえて田舎風の黒いお蕎麦を出しています。
長野県の大町と北海道の幌加内の高級そば粉を使い、こだわり抜いた自家製麺です。
ぷりぷりの大きなえびの天ぷらは衣がサクサクで、これも食感がたまりません。

 

今回はランチを堪能しましたが、夜は完全予約でのイタリアンコースになっています。
旬な食材を使っているので、毎月メニューが変更となりますので、季節を感じることができますね。
その他、貸切のカラオケルームもあり、気の合う方々を楽しく過ごすのもお勧めです。

 

 

所在地       不破郡垂井町宮代3028番地の6
電話番号  0584-71-7744
ランチ     11:30-15:00(14:00LO)
ディナー      17:30-21:30(19:30LO)
定休日     水曜

 

手作りのお蕎麦も美味しい! 花の木珈琲店  

株式会社 三輪酒造 代表取締役会長 三輪 髙史

所 在 地  大垣市久瀬川町1-3

電話番号 0584-74-6371

営業時間 9:00~17:00

定 休 日 日曜日

 

 

一見オシャレな喫茶店なのですが、本格的なお蕎麦も食べることができます。

朝はモーニングもやっていますが、本日はランチを食べに行きました。

もりそば 750円

オーナーが自ら栽培し、うすで引いた自家製のそば粉を使用した二八そばです。

揖斐川町の本店でそば打ちされた麺をざるにもった絶品です。

 

養老山麓豚のつけそば 1,100円

ラーメンのつけめん風な感じを取り入れた、寒い季節(5月頃まで)限定の商品です。

豚の角煮がたっぷり入っていて、そばとしてはめずらしい一品ではないでしょうか?

 

店長おすすめの飛騨牛そば 1,100円

しゃぶしゃぶ風の飛騨牛を、温かいそばと一緒に召し上がってください。

少し辛味をきかせた味が、一層そばの風味を引き立てています。

そばクレープ(エッグハム) 550円

そば粉を使用したクレープ(ガレット)です。

普通のクレープを一味違った感じを味わってください。

 

オムレツサンド 700円

ふわふわの玉子焼きを、柔らかい食パンではさんであり、とても美味しいです。ボリュームがあり、食べごたえも抜群です。

 

ハニートースト 500円(ドリンクとセットの場合+400円)

花の木スペシャルブレンド 450円

食パン2枚分くらいの厚みがあります。表面はカリッとして、中身はふんわりです。たっぷりかかったハチミツと、冷たいアイスクリームをからめて食べるととっても美味です。

店内には、手作りのパンも販売しています。

ぜひ、美味しいお蕎麦と、デザート、コーヒーをご賞味ください。

【大垣店】

所在地 大垣市久瀬川町1-3

電話番号 0584-74-6371

営業時間 9:00~17:00

定 休 日 日曜日

【揖斐本店】

花の木珈琲店 揖斐本店
花の木珈琲店 揖斐本店
そば処 花の木

揖斐郡揖斐川町上南方1907

電話番号 0585-23-1015

営業時間 8:00~18:00

定 休 日 火曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の節分まつり 料亭四鳥

大垣商工会議所 専務理事 成瀬重雄

所 在 地  大垣市東外側町1-15

電話番号 0584-78-2843

アクセス http://www.yontori.com

営業時間 昼12:00~14:00(予約のみ)、夜17:00~20:00

定 休 日 不定休

 

四鳥では、7月WINE会、9月重陽の節句、12月年忘れ会等の季節のイベントが盛りだくさん企画されていますので、一度ご参加されますと、新しい発見や出会いが期待できます。

今回、年中行事の一つとして開催されました四鳥節分まつり「新内 蝶の会」に参加してきました。乙女文楽 人形劇団「ひとみ座」と新内とのコラボレーションした演目でした。

江戸時代に生まれた文楽は、今日に至るまで男性のみによって伝承されてきましたが、「乙女文楽」は対照的に女性のみに演じることが許されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「文楽」は、一体の人形を三人がかりで遣う「三人遣い」ですが、「乙女文楽」は、たった一人の遣い手によって可能にした「ひとり遣い」の形式です。人形と遣い手の動きがより一体化された形式であることも手伝って、様式性の中に、女性の感性を生かした細やかな表現は人間浄瑠璃をさらに身近に感じさせてくれるものです。

節分まつりとのこともあり、鏡割りに続いて

豆まきが行われ、「福は内 鬼は外」厄年を迎えられた方を中心に、威勢よく豆がまかれた。

先程の、人形劇団ひとみ座の演者も参加され盛大に行われ、年の数ほどの豆を頂き、福を内にして持ち帰った。66個豆は食べ応えもあり、家に持ち帰り、家内と福を分け合った。

これからが、四鳥によるおもてなしである。まず最初、和菓子として福酉とお茶の接待を受けた。

前菜に続き、温物として大根と竹の子の入ったフカヒレのお吸い物。体の中から温かさが感じられる。大根や竹の子が細かく細切りにされており、フカヒレとマッチした舌ざわり。

次は、お造り。今日は本鮪、鰤、湯葉、いくら。本鮪は口に入れた突端溶けてしまい、美味しく頂いた。いくらは大根おろしと和えてあり醤油の味付けも、絶妙は舌ざわり。

本日のメイン。台の物として、飛騨牛ローストが主役。もやし、ほうれん草、クレソンが添えられた一品。飛騨牛ローストは、歯ごたえも良く、すんなり口に馴染み、追加が欲しい気もした。

今回は、〆は稲庭うどん。歯ごたえもよく、こしのあるうどんで美味しく味わえ料理全体が堪能することができた。

ここでとっておきの情報として、四鳥の楽しみの一つが、ラーメン、オムライス等を選べる〆の一品。以前、オムライスをオーダー。卵をあけてみると昔を思い出す懐かしいケッチャップ味でした。裏メニューとして、大盛りもできるそうです。他に美濃古知地鶏ラーメンや日本そばもあり、楽しみの一つですので、お試しください。

最後に同席を頂きました、山田さんと種田さんです。女将さんと一緒に、美味しい食事と談笑ができて大変感謝できる時を過ごせました。ありがとうございました。